· 

逆らえない

記憶に残る感覚ってなんでしょうか。

音楽の聴覚、絵画・映像・思い出の品々の視覚、タオルや動物の感触。。。。。

残りますね、でももっと瞬間的なものがあります。

自分でコントロールできないもの。

一瞬でそれに行かされるもの。

無意識に飛んでしまうもの。

 

 

それは、匂いです。

例えば、

街行く人から漂う香水に昔の恋人を思い出したり、

樟脳の香りで田舎を思い出したり、

みそ汁やコーヒーの香りでおうちを恋しく思ったり、

職場の嫌な人が使ってる柔軟剤の香りを嗅ぐと気分が悪くなる、

こうゆうのはよく聞く話です。

 

嗅覚は、脳の中にある記憶をつかさどる器官「海馬」に信号を送れる唯一の感覚。

他の感覚は、いったん思考担当の「大脳新皮質」を経由して「海馬」に行きます。

嗅覚は、最も本能的、動物的な感覚なんですね。

 

そうゆうことを知ると、嗅覚を積極的に利用しない手はありません。

例えば、

梅雨の時期にアロマオイルを使うのも一つの方法ですし、

想い人にアプローチするのに香水を使ってインプットさせてしまうのも手ですし、

これといったハーブ料理を自分の十八番にして振る舞い自分と繋げるのも手です。

 

私が利用するのは精油(アロマオイル)です。

無水エタノール100mlに、お気に入りの精油を100滴近く入れてリードをいれておけば完成です。

揮発をゆっくりにしたければ、グリセリンを20mlくらい入れておくと長持ちします。

例えば、私は

洗面所には、グレープフルーツやサイプレスをブレンドしてイライラ防止。

玄関には、ゼラニウムとユーカリで虫よけをしつつ、甘さと爽やかさでゆったりとした気持ちを誘発。

書斎は、ジュニパーベリーとローズマリーシネオールで集中力を高めさせてます。

 

 

匂いに私たちは逆らえない。

否応なしにそこに持っていかれるのなら、有機的に活用したいものです。