【コーヒーの経時劣化】

コーヒーカップとコーヒー豆
コーヒーは時間と共に劣化していきます

焙煎した豆は時間とともに劣化していきます。

 ●常温数日内:水分と反応しpHが低下して酸っぱくなる。(ステイリング)

 ●常温数週間程度:焙煎直後の炭酸ガスといっしょに香り成分が抜ける。

 ●常温数カ月程度:酸化がすすみ油の傷んだ嫌な臭いがする。(酸敗)

2週間以上の長期保存するためには、吸湿、ガスが抜けないようにする、抗酸化対策をすればいいことになります。

そのためには、気密状態で低温保存することがオススメです。