【「よい珈琲」とは】

コーヒー
当店が考える「よい珈琲」とは

「よい珈琲」は、おいしいコーヒーです。

しかし、おいしいコーヒーが「よい珈琲」とは限りません。なぜなら、「おいしい」は個人的に嗜好によるもので、味や香りの好みは人によって違うからです。 

 

「よい珈琲」は、良質の豆の煎りたて、挽きたて、淹れたてのものだと言えます。良質の豆とは、発酵臭やカビ臭などをさせる欠点豆のないものです。煎りたて、挽きたて、淹れたてというのは、それぞれの行動から時間を経てないものです。

  

 当店が考える「よい珈琲」とは、状態のいいコーヒーの生豆を、その豆のもつ特徴が出るように焙煎し、美味しい状態で飲めるように提供していくことだと考えています。 

 

 コーヒーの生豆は、栽培された条件や精選工程によって、酸味や苦味の質と幅、香りの強さと質、渋みの有無、コクや風味の特徴などが決まってきます。焙煎は、それら生豆の持つ様々な成分に化学変化を起こすことです。その化学変化をどのようにしておこすかでコーヒーの風味は変わります。それが、焙煎士の個性の表れだともいえます。

 

 当店の焙煎は、10キロ釜で低温から時間をかけて丁寧に行います。ハイカロリー・少量、短時間焙煎にありがちな、余分な熱量で豆の表面だけが茶色く焼かれ生豆内部の水分が抜けきらないという生焼けを避けるためです。低温から時間をかけて焙煎することで、生豆のもつ水をしっかり抜き、豆の中にまで火をいれ豆をきれいに爆ぜさせます。豆の芯から煎るためです。火力と熱量と時間を上手くコントロールし、豆に合わせてハゼさせています 。

 

 

 

 そのコーヒーを「おいしい状態」で、お客様がなるべく気軽に召し上がっていただけるように提供しています。一つは、炭酸ガスを放出するよう特殊加工をしたチャック付きの袋の使用です。もう一つは、おいしい期間内に飲めるだけの量での提供をしています。少しでも劣化を遅らせるために、気密容器での保存と、直ぐに飲まない方の一袋はそのまま冷凍保存のお願いをしております。