【焙煎したて=美味しい??】

ペーパードリップ
コーヒーを淹れる時の泡の正体とは

コーヒーを淹れる時の泡が鮮度の印って本当でしょうか?

この泡の正体は、焙煎豆の中に閉じ込められていた二酸化炭素です。

焙煎直後の豆は大量の二酸化炭素を含んでいるので、確かに泡は焙煎してからの経過時間の目安になります。

ですが、焙煎して間もないコーヒーでも、泡が出にくいものがあります。

それは、炭酸ガスが抜けるようにしている場合です。

当店の袋も焙煎後間もないものをお届けするため、発送途中で袋が爆発しないよう炭酸ガスが抜けるよう特殊加工をした袋を使用しています。

 焙煎直後は炭酸ガスが多すぎて、抽出中に粉が大きく乱れたり、発生する泡が粉とお湯の接触を邪魔しうまくコーヒーが抽出できないこともあります。

焙煎したてのコーヒーは落ち着きがなく、豆本来の味が堪能できないように私は思います。