· 

friends of mine

大人になると、制限がなくなる。

なくなるというと語弊がある。

もっと正しく言い表すのなら、制限は自分で決める。

そうすると、例えば、友人のカタチもさまざまになる。

 

大人になってからできる友人は、違うことが多い。

育った環境、世代の音楽、専攻していた学問、スポーツ、年齢、仕事、配偶者や子供の有無、云々。

それでも、親しくなっていくことがある。

価値観が似ているわけでもなく、人生の哲学が同じとかでもない。

共通していることが少ないのに、話し出すとあっという間に時間は過ぎる。

不思議だ。

 

10くらい年下の友だちから、久しぶりにいろいろな話を聞いた。

私が生きている世界では起こりえない話、

例えばアラサーの恋愛事情や平成の生まれの誘い方とかもあり、とても興味深い。

そして、その話をする友人のスタンスに素敵だなぁと改めて思った。

 

おそらく、そこには相互尊敬の関係があるんだと思う。

尊敬なんて言うと堅苦しいけれど、素敵だなと惹かれる一面があるっていうこと。

その素敵さは、人間性の表れだ。

素敵さに触れあえる時間は楽しい。

帰り道、刺激を受け励まされていることに気がつく。

頂いたお土産以上のものが私に満ちている。ありがとう。