· 

自然は自然に

シャインマスカット
好きなフルーツは何ですか?

今年の夏は、短いですね。

朝夕の風は既に冷たく、昼間ですら目に入るモノの境界がしっかりとしてきて空気が澄んできているのを感じます。
秋の歓びは、店頭に並ぶフルーツの種類が多くなること。
皆さんのフルーツの王様は何でしょうか?
林檎のシャキシャキ感と甘酸っぱさ。
蜜柑の既に一口サイズでいる手頃さと粒々とジューシーさ。
さくらんぼの赤い誘惑とアタリ粒の引き当てた時の喜び。
スイカの頼りない甘さと頬張る贅沢感や青々しい匂い。
梨のシャリシャリの食感に瑞々しさ。
桃のじゅるじゅるの滴りといつまででも放つ甘い香り。
どのフルーツも酸味と甘みのバランスがそれぞれに違い、それぞれに美味しいですね。
どれも美味しいですが私のダントツは、葡萄です。
昔はデラウェアと巨峰だけだったのに、最近では出回っている種類の多さには目移りします。
中でもやはりシャインマスカット。
噛んだときのプチっと弾ける感じ。
そして果肉から溢れる甘酸っぱさ。
鼻に抜けるフローラルな香り。
果肉と皮に残る少しの苦味。
種すらなく、スナック感覚で一粒もいでは口に入れられる手軽さ。
フルーツとしては完璧、しかし高い。気軽に食べるには高過ぎる。
飽きるほど食べたい。
 
これが人が作るものだったら、いつでも買えていつでも食べられる。
そして、きっと飽きるまで食べ尽くしているだろう。
自然のものは、そうはいかない。
売ってる期間も美味しい時期も限られている。
自然は、人間をも自然でいさせてくれる。
毎年、熱烈葡萄歓迎で待ち望む9月だ。