息を止めたら(真空パック包装にしない理由)

水中の画
LIBRA COFFEE SHOPではコーヒーを真空パック包装をしません。

防水スプレーは、防水だけでなく防汚にもなりとても便利です。

靴やカバンを新調したときやお気に入りのもののメンテナンス後などによく使います。

こんなにも手軽で便利だけれども、割と危険なモノでもあります。

>>News Up その防水スプレー、ちょっと待って!❘NHKニュース

このニュースの要点は、

防水スプレーに含まれている撥水性の樹脂が肺に付着して、

酸素をうまく取り入れられなくなることがありますよという注意喚起です。

使用されたことがある方はご存知だと思いますが、ニオイからして危険を感じさせるものです。

 

私の場合、防水スプレー使用時は、①外で②マスクを着用し③息を止めるということにしています。

息をとめて、靴片方にスプレーを噴出させる。

そしてあさって方向で思い切り息を吸う、金魚のように。パクパク。

その自分の姿を客観視したときに、真空パックされたコーヒーを思います。

コーヒーの劣化は酸化によるものです。→くわしくは【コーヒーの経時劣化】【コーヒーの保存方法】

それを防ぐために脱酸素剤や真空パックにされているところもあります。

当店ではそうゆう対応はしていません。

開封した瞬間、コーヒーが先の私が金魚になったように一気に酸素を吸収すると考えているからです。 

当店で真空パックで販売しないのはそのためです。