ペーパードリップ その2お湯について

ハンドドリップの面白さは、調整できることだと思います。

設定できるマシンとは違って、気分で変えられる自由さがある。

 

例えば、お湯。

沸騰したてのお湯でコーヒーを淹れず、沸騰させたお湯をいったん移し替えてみる。

ヤカンからポットへ。

あるいはポットからサーバーへ。

その一息が、お湯を90℃前後のコーヒーにとっての適温にしてくれます。

ついでに、ドリッパーやらカップへお裾分けすると道具たちも温まりますね。 

90℃を切るくらいの温度で淹れると、コーヒーがとがらず、まろやかな味。

ホッと一息つけるのに、ちょうどいい温かさ。

お試しください。