コーヒーはフルーツ??

コーヒーの実 コーヒーチェリー
コーヒーはフルーツなんです。

「コーヒーはフルーツ」なんて聞くと驚きますよね。

 

コーヒーノキは育つとジャスミンのような甘い香りの白い可憐な花をつけます。

花はやがて落ち、緑色の小さな実が残ります。

緑が真っ赤にまるでさくらんぼのようになったもの、これがコーヒーの果実「コーヒーチェリー」!

このコーヒーチェリーの種がコーヒーの生豆です。

 

種は二つで1セットなんですが1つしか入ってないもののがあったり、

マルシェで販売していた「トミオフクダDOT」のように果実が完熟しても収穫せずに果肉が乾燥してから収穫(dry on tree)といったコーヒーチェリーの収穫期の違いや

収穫したコーヒーチェリーから生豆である種を取り出す方法の違いなど、

生豆には生産者さんのこだわりと苦労がたくさん詰まっています。

こだわりが詰まった生豆を焙煎して、珈琲屋の特色をさらに付加して皆様が飲まれるコーヒーとしてお届けしています。

 

「酸味のないコーヒーを下さい」と仰る方がいらっしゃいますが、酸味のないフルーツがないのと同じで酸味のないコーヒーもありません。

酸味より甘味を強く感じるフルーツがあるように、

酸味より苦味や甘味や香ばしさが強く感じるコーヒー豆やブレンドがあります。

酸味が苦手な方は、酸苦のバランスに注目してみてください。

 

酸味というと「すっぱい」というイメージが沸きますが、飲んだ後に爽やかさを感じるのがコーヒーの酸味です。

キリマンジャロ、モカがお好きな方は、酸味のあるさわやかコーヒーがお好きな方ですね!

そういったシングルに少し飽きを感じた方は、もう少し甘味と香ばしさを感じる「すっきり」ブレンドをオススメしています。