その珈琲豆どう淹れる?

いつも好んで飲んでいるコーヒーがちょっと重く感じる。

そんな時は、粗めに挽いて熱めのお湯でササッと淹れる。

コーヒーの粉の大きさや抽出する際の湯温で飲んだ感じも変わります。

 

コーヒーのお供に合わせて、コーヒーの粉の大きさも変えてみるのも面白い。

ナッツのお供にには粗めに挽いたコーヒーで。

チョコレートには細かく挽いたコーヒーで。

 

コーヒーのお供に合わせて、焙煎度の違うコーヒーを選ぶのも面白い。

カスタードには浅煎りに焙煎した珈琲で。

生クリームには深煎りに焙煎した珈琲で。

 

コーヒーのお供に合わせて、お湯の温度を変えてみるのも面白い。

和食には88度くらい。

洋食には92度くらい。

 

いつも飲んでいるコーヒーなのに、豆を変えなくても味わいを変えることができます。

コーヒーのお供に合わせて味わいを変えてマリアージュを楽しむ。

おうち時間を豊かにするコツかもしれません。