· 

かわりばんこに地団太を踏む

かわりばんこに地団太を踏む 天秤吹子(ふいご)@奥出雲たたらと刀剣館
天秤吹子(ふいご)@奥出雲たたらと刀剣館

突然ですが、皆さんは包丁の手入れってどうされていますか?

私はシャープナーを利用しておりました。包丁を抜き差しするだけで研げるというアレです。

しかし最近思うことがあって砥石を使うことにしました。

 

理由の一つは、魚と目が合うようになったから。

今まで切り身の魚を購入することが多く、切っているのか叩き落としているのかわからないくらいに包丁の使い勝手が悪くてもあまり気にならなかったんです。ですが最近一尾買いすることが多く、その処理をしていると魚がどうにも切なげな目で訴えてくるのです。透き通った目でジーーーと見つめられると、スー――とわからないくらいに切ってあげたくなります。

 

もう一つは、拠点地が松江に移動することを発表したときにお客様から「雲州幸光刃物」を教えて頂いたからです。

教えて頂くまで島根県で製鉄業が栄えていたと知らなかったんですが、これを機会に調べてみると、島根県奥出雲地域は鉄の原料である良質な砂鉄が採れる(砂鉄を採った跡地で米(仁多米)や蕎麦(出雲蕎麦)を生産されています)ことから「たたら製鉄」が盛んになった場所でした。

「たたら製鉄」ってなんじゃらほい?って思いますよね。

なんじゃらほいと私は思ったので「奥出雲たたらと刀剣館へ」行ってきました。ここでその知識をお披露目しますね。

たたら製鉄は、日本刀の原料となる堅い鋼(はがね)である玉鋼を生み出せる日本古来の製鉄方法でした。

この製鉄方法が想像を絶するほど手間暇かかる。

①まず、炉を人力で作る。(めっちゃ時間かかる)

②次に砂鉄などの原料をその炉に流し込み、3日3晩人力で吹子(ふいご)で炉に空気を送り火を燃やし続ける。

③そして炉を破壊し(せっかく作ったのに‼)溶解した鉄を取り出し冷却する。

④そこにはほんの少しの玉鋼がある。

簡単に言ってしまえば、酸化鉄(砂鉄とか)に火を入れ炭素と結合させ還元し鉄を取り出すってことです。。。

で、「たたら」ってなんじゃらほいって思いますよね?

たたらは②で出てきた炉に空気を送り込む時の「吹子(ふいご)」を意味しています。

吹子を踏む人を番子(ばんこ)と呼び、交代で番子が吹子を踏むことから「かわりばんこ」、

シーソーのような形の板吹子を2人係で息を合わせて激しく地に向かって吹子を踏むことから、吹子を踏む→たたらを踏む→「地団太を踏む」が生まれました。(吹子も変化し色々な種類があります)

たたら製鉄が遠い存在だったのが、意外と身近に感じませんでしたか?

こんな丁寧に生み出された鉄から作られた包丁で料理をしたら食材たちも喜ぶだろうなぁ。

そのためには、まずは均等に研げるようにならないとこの包丁を手にする資格はありませんね。