硬水、軟水、どっちで淹れる?

硬水、軟水、どっちで淹れる?
硬水、軟水、どっちで淹れる?

ご存知の通り、水は含まれるミネラル量によって「軟水」「硬水」と区分されています。

ミネラル量が少ない「軟水」の方が飲みやすいと感じる方が多いようです。

それは、硬水の方が飲料後に重さや硬さを感じるからだそうです。

日本の水道水やミネラルウォーターの多くは軟水ですが、経験的に東京は硬水に近いように感じます。

 

では、コーヒーを淹れる際にに向いているのはどちらなんでしょうか?

一般的には「軟水」が向いていると言われています。

なぜなら、「硬水」の持つ重さや硬さがコーヒーの味を邪魔してしまうからです。

具体的に言えば、浅煎りや中煎りの酸味のさわやかさを感じたいコーヒーにはその微妙な味を「硬水」が邪魔してしまいます。

しかし深煎りの場合に「硬水」を使うと、水の硬さとコーヒーの苦味があいまって苦味のしっかりしたコーヒーになります。

苦味を和らげたいと思ったときに「軟水」を使えば、少し苦味が和らげることができます。

湯温でも苦味は少し和らげられるので、あわせて低い温度で淹れるといいかもしれません。