· 

2021.05.18 Instagram(音楽番組の力)

2021.05.18  Instagram(音楽番組の力) #まったりブレンド#チョコマロン#六花亭
2021.05.18 Instagram(音楽番組の力) #まったりブレンド#チョコマロン#六花亭

 先日、「モニタリング」というTV番組で石井竜也さんが出演していた。完全変装し一般人の前で何曲か歌い最後には持ち歌でネタバラシ。こうゆう番組にも出るのだなと見るとはなしに見ていると、完全にやられた。「浪漫飛行」の歌い出しで、肌が粟立ち、涙がこぼれる。藤井フミヤさんの特集番組を気合を入れて見たときも同様で「チェッカーズ時代の曲も歌ってくれるのかぁ」とワクワクしながら見ていたら(何なら一緒に歌って黄色い声援を上げるつもり気満々でもあった)、初めの「ギザギザハートの子守唄」の歌いだしで鳥肌が立ち泣いていた。

  お二人共、素晴らしいミュージシャンであることは言うまでもなく、あの当時から30年経た今でもガッカリさせない歌唱力、パフォーマンス能力に見た目やスタイルでいたく感心してしまう。しかしそれ以上に思ったのは、曲を聴いた瞬間に起こったわが身のこと。何を隠そう米米CLUBもチェッカーズも音源としてばっちりスマホに入ってるので、何年ぶりに聴いたわけでもない。懐かしくなって動画を何本か見てみたけれど、「名曲だな」と感じ入るだけだ。あれはテレビだから与えらえたものなんだろうか…コンサートのように目の前に居るわけでもないのに、聴いた瞬間に総毛立ちハラハラと涙する。それをヒトは感動というのでしょうか。

 

 しかし「ちっちゃな頃から悪ガキで 15で不良と呼ばれたよ♪」で泣くとは。。。人生何が起こるかわからないなぁ。