塩コーヒーって何?

 世界の食品が並ぶ「カルディ」をご存知でしょうか?目新しいものが多くキョロキョロしているとあっという間に時間が経ってしまうあのお店です。カルディは、エチオピアの羊飼いでコーヒーの苗木を発見した少年の名前です。恐らく店名もここから来ているんだと思います。

 コーヒーの起源をもつ「エチオピア」といえば、モカシダモ、モカハラーにモカイリガチェフェ。甘い香りとコクがあり爽やかな酸味が持ち味「モカ」の原産国です。このエチオピアでは、コーヒーに塩を入れて飲むことが当たり前なんだそうです。サラッと検索してみると、日本でも塩コーヒーってあるんですね~。せっかく知ったので、半つまみほど塩を入れて飲んでみました。

 塩コーヒーにすると、酸味が抑えられまろやかになります。正直に言えば、当店のコーヒーは美味しい酸味が持ち味なので、塩コーヒーにすると良さが消えてしまうなぁと思いました。でもこの時期、熱中症対策にはなるかも~と思ったりしています。あと、思ってたより酸味が強かったり、苦手な酸味を感じるコーヒーの時とかも入れると良さそうですね!エチオピアの人たちも、2杯3杯と飲むうちに酸味に飽きて塩を入れたりしてるんじゃないかしらん。(想像です) 香りが強くなる、苦味が消えるという感想がweb上で見受けられましたが、私にはそれはわかりませんでした。ご興味ある方は、塩入れてみてください。ひとつまみでは多いので半つまみちょい少な目でぐらい十分変化を感じられます。