ひとりごと

ひとりごと · 2020/09/15
LINEやらe-mailやらでやり取りもするけれど、何と言っても手紙でやり取りするのが好きだ。 グループLINEのように場を共有することも写真を添付することもできないし、切手代(62円だった時代が懐かしい…)もかかるし、悪筆を披露する羽目になるし、手間も時間もかかる上に時差が生じて仕方ない。 それでも、郵便ポストを覗いたときに手紙が入ってるときのあの喜びは特別だ。

ひとりごと · 2020/09/06
「天皇さん、いつ帰ってきはるんやろう。」 というのは京都の、特に高齢の方のお言葉です。 「はい?」と思われる方のほうが多いと思いますが、 天皇陛下が今東京にいらっしゃるのは明治時代の遷都の御幸(みゆき)が続いていると考えているからなんです。

ひとりごと · 2020/08/31
「よいしょ」が感動詞なら、辞書には載ってないけれどこれも恐らく感動詞なんだろう。 ショックなニュースを聞いた時に出る「ガーン」という言葉。 「バックアップないよ」→「ガーン」 「今日午後から雨なんだって」→「ガーン」 「体重計載ったら増えてんの」→「ガーン」...
夏休みと秋の到来
ひとりごと · 2020/08/19
今朝起きて外に出ると秋が来ていた。 そこには、眩しく白い朝はなく空気が澄み始めリンリーンやリンリンという虫の音が響く。 昨夜のニュースで「最高気温タイ」というニュースを聞いたばかりで、この感覚は不思議だったけどそう感じるものは仕方ない。 毎年甲子園の準決勝だ決勝だとかが耳に届く頃「もうすぐ秋が来る」と何とはなしに準備をしていたようで、 そうゆうのがない今年はなんだかどれもが突然のように感じる。 毎年恒例の行事が与える安定さってゆうのがあるんですね。

特急やくも
ひとりごと · 2020/08/13
「松江からどうやって来はったん?」 というのが着京都で受ける質問です。 諸事情により飛行機・車という選択肢はないため、電車で参ります。 松江から岡山に出て新大阪経由で長岡京入りです。 松江から岡山までは特急やくも。(岡山~新大阪は運が良ければ「さくら」新幹線) 特急やくもは、出雲〜岡山間を伯備線と山陰本線で走行する特急列車です。...

ひとりごと · 2020/07/07
九州では大雨という名の洪水という災厄の中、東京では連日3桁の感染者数。 外出自粛が解け越県もOKになってこのまま収束してほしかったけど、やはりそう願い通りには行かないものですね。 このコロナ禍が与えた損害は大きくとも、マイナスだけじゃないかもと思います。

ひとりごと · 2020/06/29
六根清浄、六根清浄。(ろっこんしょうじょう×2) 先日、わたくしは修験道体験をしてきました。 鳥取県にある神と仏の宿る山「三徳山」にある三佛寺奥院投入堂 (さんぶつじおくのいんなげいれどう)に行ってきました。写真①が「投入堂」です。絶壁に建立されている国宝。

美保神社
ひとりごと · 2020/06/16
山陰地方。 他府県の方でよく来られる方、遊びに来る方ってどれくらいいるのでしょうか。 ここに住んでいると、中国山脈の存在感を強く感じます。 3つの空港に特急も高速道路もあるのに、なんだか他地方他府県への距離が心理的にも物理的にも遠くに感じるのです。 山陰地方に足を踏み入れれば、そこはanother world、異次元の世界です。...

ひとりごと · 2020/06/09
ネットショップはいつでもどこでもできますが、難点は送料が発生すること。 「送料無料」の響きって素敵ですよね。 送料をそのお店に足を運ぶ時の「交通費」や「移動時間代」と考えることもできますし、 お店からおうちまでの「配達という労働力への対価」と捉えることもできますし、...
ひとりごと · 2020/04/24
東京から島根県松江市に移動して3週間。(写真は、「やくも」の車窓。大山と桜並木) 日本海側に住むのは初めての経験ですが、なんせ風が強く冷たい。。。 東京に住み始めた時もからっ風にひょえーと思いましたが、こっちの風もなかなか厳しい。 そして、この3週間の変化は如実に身体に表れてきました。 具体的には、とりあえず起床時間と髪質。

さらに表示する