コーヒーにまつわるエトセトラ

今日10/01は、コーヒーの日です。...

塩コーヒーって何?
 世界の食品が並ぶ「カルディ」をご存知でしょうか?目新しいものが多くキョロキョロしているとあっという間に時間が経ってしまうあのお店です。カルディは、エチオピアの羊飼いでコーヒーの苗木を発見した少年の名前です。恐らく店名もここから来ているんだと思います。...

コーヒー値上りするの?
大手企業のコーヒーの値上げのニュースが後を絶たちませんね。今回はコーヒーの価格についてお話したいと思います。 コーヒーの価格はどうやって決まるのでしょう?「商品価格は需給バランスで決まるにきまってる」そう思いますよね?経済学を学ばなくてもそう考えるのが当然です、が、コーヒーは少し違うんです。

ペーパーの底辺は同じ
例えば、焙煎から間もない深煎り豆を淹れる時。 例えば、いつもより多めに淹れたい時。 コーヒードームが膨らみ、ドリッパーから溢れそうっ!なんてゆう危険回避のために、ドリッパーよりワンサイズ大き目のペーパーを使うことができます。

アイスコーヒーの作り方をご案内しています。理由も書いてありますよ。
ハンドドリップの基本
ハンドドリップの基本をご紹介しています。

コーヒーの香りの秘密
これまでのブログにおいて、「コーヒーは珈琲豆や焙煎加減によって芳香や味覚が異なります」というお話をしてきました。ご自身の味覚(「これは美味しい」と思うもの)や、どんなものと一緒に召しあがるか(コーヒーのお供)によって変えてみるのも楽しいですよというお話をさせて頂いています。 今回は、コーヒーの香りにスポットを当ててお話していきたいと思います。

焙煎度における重さと体積の関係
「脂肪より筋力の方が重い。だから体重の数字が減ったからといって痩せたとは限らない」と聞きませんか?同じ体重でも筋肉量が多い人の方がスラっと見える。同じ重さでも筋肉と脂肪の体積は違っていて、筋肉の方が体積が小さいので細くみえるってゆうことなんですよね。 この話は、なんとコーヒーにも繋がります。同じ重さなのに、焙煎度によって見た目(体積)が違う。

コーヒードームの作り方
様々なメディアを通してぶわっと膨らんでいるコーヒードームを見ると、「なぜ私は膨らませることができないんだろう?」と思われる方が多いようで、よくご質問を頂きます。確かにあれ、「映え」がありますもんね~目に見えるものの訴求力は強いです。 そこで今回は「ぶわっ~と膨らんでいるコーヒードームの作り方」をお伝えしたいと思います。

酸味の立て方
普段お飲みのコーヒーも、酸味が持ち味のものにしてみるのはいかがでしょうか。 酸味のあるコーヒーといえば、キリマンジャロ、モカ、ケニア、そしてすっきりブレンド! より酸味を際立たせるコツは3つです。

さらに表示する