カテゴリ:⑦当店のこだわり



ブレンドコーヒーの力
「珈琲は、ブレンドコーヒーがおもしろい。」というのは、ホーム画面の最初に書いている私の言葉です。 コロンビアの甘味とコク、ブラジルの酸味と苦味そしてバランスの良さ、モカの甘い香りと酸味にグアテマラの香ばしさ、マンデリンの独特な香りと苦味。いろんな珈琲豆の特性が楽しめ、掛け合わされることで初めて生まれるマリアージュが楽しめる、それがブレンドコーヒーの魅力。自分の好みに合わせて、その豆の好きな所を味わい苦手な所を他の豆で補ってもらう。例えば「モカの香りは好きだけど酸味はもう少し抑えたい」そんな要望に応じてくれるもの、それがブレンドコーヒーなのです。

欲張りさんへ(ブレンド販売特化の理由)
「キケンだから気を付けてね」 というお言葉と共に8年くらい前に友人から頂いたのは、 今ではどこでも売っている「まじめなお菓子ミレービスケット」だった。

商品名の由来
以前の勤め先が、英単語が飛び交う職場で戸惑ってしまった。 5年だか6年前のことだ。 分かり良いとこで、draft(草案、下案)evidence(証拠)proper(ちゃんとした) temporary(一時的)などなど。 「なぜ英単語を使う?日本語で良くない?」とずっと思っていた。 「何となくカッコよく聞こえるから?」「日本語だと直截過ぎてキツイから?」敢えて使うのかと色々斟酌していた。 環境に慣れそれが常態になると、 日本語が第二、第三言語の人には横文字の方がイメージが伝わりやすいのかもしれないと思えるようになった。 (外国育ちの方がいる職場であったので) 変わった商品名だからこそ、会話が弾みます。

【焙煎についてⅢ】
当店のコーヒーは、10キロ釜で丁寧に焙煎しています。 サンプルロースターで焼かないのは、じっくり熱を入れて豆の中からハゼさせたいから。 豆の味を味わえるコーヒーにしたいので、豆の種類ごとに焙煎してからブレンドしています。 当店の商品写真を見てみると、豆によって色が違うのはそのためです。 焙煎度合いは、浅煎りでもシナモンローストより焼き込み、深煎りでもフルシティまで焼き込みません。

息を止めたら(真空パック包装にしない理由)
防水スプレーは、防水だけでなく防汚にもなりとても便利です。 靴やカバンを新調したときやお気に入りのもののメンテナンス後などによく使います。 こんなにも手軽で便利だけれども、割と危険なモノでもあります。 >>News Up その防水スプレー、ちょっと待って!❘NHKニュース このニュースの要点は、 防水スプレーに含まれている撥水性の樹脂が肺に付着して、 酸素をうまく取り入れられなくなることがありますよという注意喚起です。 使用されたことがある方はご存知だと思いますが、ニオイからして危険を感じさせるものです。

【ブレンド・ストレート・シングルオリジン】
ストレートコーヒーは、生産国が同じ国の同じ地域の単一品種を指します。もっと小さな単位、つまり農場や生産者、品種、精製方法などで限定したものがシングルオリジンです。品種も栽培方法もその土地に合ったやり方で行うために豆に個性が出やすく、また農場単位としての労働力や努力、経営リスクがスペシャリティコーヒーとして価値に表れています。

【「よい珈琲」とは】
「よい珈琲」は、おいしいコーヒーです。しかし、おいしいコーヒーが「よい珈琲」とは限りません。なぜなら、「おいしい」は個人的に嗜好によるもので、味や香りの好みは人によって違うからです。  では、「よい珈琲」とはどうゆうものでしょうか?「よい珈琲」は、良質の豆の煎りたて、挽きたて、淹れたてのものだと言えます。  当店が考える「よい珈琲」とは、状態のいいコーヒーの生豆を、その豆のもつ特徴が出るように焙煎し、美味しい状態で飲めるように提供していくことだと考えています。 

【レターパックライト配送のこだわり】
コーヒーは嗜好品です。 ですから、飲み方に正解というものはありません。 少ない粉をたっぷりのお湯で薄く淹れるのも、粗めに挽いた粉をたっぷり使って淹れるのも、美味しい!と感じるのが正解です。 当店では「よいコーヒー」を皆様に提供するにはどうしたらいいのかを考えた時に、中庸を基準にすることにしました。

【焙煎について】
当店の豆は10kg釜で焙煎しています。お米じゃありませんが、ゆっくりと火を入れていき、ある一定の温度まで丁寧に時間をかけていきます。

【焙煎したて=美味しい??】
コーヒーを淹れる時の泡が鮮度の印って本当でしょうか?この泡の正体は、焙煎豆の中に閉じ込められていた二酸化炭素です。焙煎直後の豆は大量の二酸化炭素を含んでいるため、淹れると二酸化炭素が多すぎて粉が大きく乱れたり、お湯と粉がうまく接触できなかったりします。味を落ち着かせるためにも、焙煎から数日経たものが美味しいと私は思っています。

さらに表示する