当店について

京都府長岡京市の「秤屋」で焙煎したコーヒー豆を当店オリジナルブレンドコーヒーにして、通信販売しています。

「豆の特性を生かしたコーヒー」という変わらぬコンセプトの元、珈琲屋は祖父、父、私と続いています。

豆の特性を生かすように焙煎したコーヒーは、芳香が違います。

酸味と苦味のバランスを軸に3タイプのブレンドを中心に販売中です。

店名の由来

LIBRA COFFEE SHOPの由来 LIBRA

LIBRAは、古代ローマ発祥の質量・通貨の単位で、もとはラテン語で天秤を意味する語です。

そして、 父が30年以上経営している自家焙煎珈琲店「秤屋」の秤。

  珈琲は、酸味と苦味のバランス。

  焙煎は、火力と時間のバランス。

偏らずに中庸に、バランスが取れたものを提供したい。持続可能な域を保ちたい。

そんな思いから、当店のロゴもその秤をモチーフにしています。

>>何にみえる?

 


よい珈琲

高価なコーヒーがお好みの味とは限りません。デイリーユースの珈琲を楽しむために、豆の特性を生かしたブレンドでお好みの味を見つけませんか。


なぜブレンドコーヒー?

シングルの豆が持つ長所を掛け合わせ、短所を補ったものがブレンドの良さではないでしょうか。マリアージュが楽しめるもの、それがブレンドコーヒー。


PostBag

180g/入が2袋入った商品です。約36杯分楽しめる量です。コーヒー豆は生鮮食品。

美味しい期間内に美味しく飲める量をという想いの商品です。

焙煎

当店では、10キロ釜で豆にじっくり火をいれる焙煎をしています。お米と同じで少量よりもある程度の量で焙煎した方が火が十分に入ると考えているからです。 


迷ったら

コーヒーを選ぶ時、酸味か苦味どっちを重視するかよりも、後味に爽やかさを求めるかコクを求めるのかを考えると選びやすいのかもしれません。


包材

当店では、真空パックをしていません。

コーヒーは生鮮食品で生きているから。

焙煎直後に出る炭酸ガスを袋から放出し、破裂と劣化を防ぐ袋を使用しています。

商品名

どんな味かを固有名詞を使って表現するよりも、飲んだ後の感想をイメージして商品名にしました。

 


レターパックライト

オンラインショップは、交通費は掛かりませんが配達があるので送料がかかります。

少しでも送料を抑え、留守を気にせずできるポスト投函型での受け取りができます。


ミルのこだわり

ミルにも様々なタイプがありますが、

当店では臼型のミルを使用しています。

粒が均一で美しく、味に落ち着きが出ると私は思うからです。