ドリップ ドリップの基本

【ハンドドリップの基本】初心者でも大丈夫!自宅で美味しいコーヒーを淹れる方法

コーヒードームの写真

https://www.libracoffeeshop.com

悩んでる人
ハンドドリップでコーヒーを淹れてみたい!

初めてさんでも大丈夫。

これさえ守れば、最低限の道具で美味しいコーヒーが淹れられます。

すぐに淹れたい方はハンドドリップの流れに飛んでください。

お湯の注ぎ方(注湯、ドリップ)についてのみ知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
均一にドリップができていると、ドームが崩れるときに星形が表れます。
【ドリップのポイント③】ハンドドリップのお湯を注ぐ時のポイント

続きを見る

準備物

ハンドドリップの道具の他に、コーヒーの分量、ペーパーの準備は整っていますか?

 

 ハンドドリップのツールや、コーヒーの最適な分量、ペーパーについて知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
ハンドドリップに必要な最低限の道具5つをご案内
【初心者さんへ】ハンドドリップに必要な最低限の道具と名前

続きを見る

 

ハンドドリップの流れ

ハンドドリップの流れ

1.お湯を沸かす

2.沸かしている間にコーヒー豆(粉)を冷凍庫から出す。

3.お湯をサーバーに移し替える。(ドリップでの適温90℃前後になります)

4.ペーパーをドリッパーにおいて、お湯を注ぎペーパーを濡らす。

  サーバーに落ちたお湯は必ず捨てるましょう←忘れがちです。

5.コーヒー粉をドリッパーに入れ平らにならし、ドリップをする。

6.カップに注いで出来上がり。

 

 冷凍庫にコーヒーが保存されている理由が知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
コーヒー豆の包材
1か月持ちます!詰め替え不要【コーヒー豆(粉)最適な保存場所と保存容器】

続きを見る

流れがわかったところでドリップについて詳しく見てみましょう!

ドリップのコツ

ドリップでの味の決め手は、最初の注湯「1stドリップ」です。

意識することは、「蒸らし」です。

ドリッパーの粉を平らにならした後、その中心にそっとお湯を置くように落とします。

蒸らす時間はおおよそ30秒、サーバーにほとんどコーヒーが落ちていなければできている証です。

「蒸らし」のポイント

●ドリッパーの粉を平らにならす

●ドリッパーの真ん中にお湯をそっと置く

●サーバーへ落ちる量はほとんどなしかポタポタ

●蒸らしの時間は約30秒程度

 

 「蒸らし」の必要性について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
ハニカム構造
【ドリップの1番のコツ】蒸らしって何?コーヒーエキスのあるところ

続きを見る

注湯のタイミング

悩んでる人
2回目以降のお湯を注ぐタイミングがわからないよ

30秒程度じーと見ていると、膨らんだドームがすっと引っ込む瞬間があります。

それが次の注湯のタイミングです。

コーヒーエキスを均一に出すために、2回目以降の注湯はポットから出るお湯の細さが同じになるように意識します。

悩んでる人
どうやって注いだらいいの?

真ん中からのの字を描くように外側に向かって同じお湯の細さで注湯していきます。

のの字の一番外側は、ペーパーに当たらないところで回し切ります。

ペーパーに当たると、コーヒーが薄くなります。

悩んでる人
3回目以降の注湯はいつするの?

ドリッパー内のお湯が無くならないうちに、次の注湯を真ん中からのの字で始めます。

悩んでる人
いつ止めたらいいの?

サーバー内のコーヒーの分量が目的の分量になったら、ドリッパー内にコーヒーが残っていてもドリッパーを外します。

もったいないと思いがちですが、全て落とし切ってもコーヒーが薄まって美味しくありません。

注湯(ドリップ)について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
均一にドリップができていると、ドームが崩れるときに星形が表れます。
【ドリップのポイント③】ハンドドリップのお湯を注ぐ時のポイント

続きを見る

温めよう

ドリップの間に、お湯をコーヒーカップに入れておきましょう。

温かいコーヒーになります。

自己責任の範疇になりますが、私は熱々が好きなので出来上がったコーヒーをサーバーごと火にかけ温めてからカップに入れて飲んでいます。

 

 【応用編】ドリップで味が変わります。その方法が知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
ドリップの湯温、 スピード、抽出時間、焙煎度合い、挽き目でコーヒーの味が変わります。
味変?ドリップでコーヒーの味を調整する方法

続きを見る

【まとめ】ハンドドリップとは

コーヒーエキスは1stドリップでほとんど出ています。

コーヒー成分の抽出濃度は2回目の注湯で1回目の注湯の半分、10回目で10%まで減っていきます。

ドリップとは、1回目の注湯で出てきたコーヒーエキスを2回目以降の注湯で薄めて行くようなものなのです。

出来上がりを飲んでみて濃いなと思われた場合は、お湯を足して下さい。

コーヒーエキスは1stドリップで出ているため、美味しさは変わりません。

そして次回は豆の量を少し少なくして淹れてご自身のベストを探求してみてください。

あなたの美味しいは、あなたが一番知っています。誰も教えることはできません。

 

  • この記事を書いた人

ますみ

【三代目珈琲屋】2019年より自家焙煎珈琲の通販専門店を運営▼祖父、父が珈琲屋のため幼稚園児からコーヒーを飲み、高校時代から家業の秤屋を手伝う。▼リンクを設定される場合は、LIBRA COFFEE SHOPのリンクであることを明記して頂ければ許可は不要です。

-ドリップ, ドリップの基本