コーヒーの淹れ方 ドリップ

【美味しいコーヒーの淹れ方】初めてでも大丈夫、ハンドドリップは蒸らしで味が決まる

https://www.libracoffeeshop.com

悩んでる人
コーヒーをハンドドリップで美味しく淹れたいんだけど…

ペーパードリップで失敗しない方法がわかります。

美味しく淹れるコツを知りたい方はこちらへ飛んでください。

この記事の内容

・準備するもの

・ハンドドリップの流れ

・ドリップってどうゆうことをしているの?

ペーパードリップの準備するもの

悩んでる人
何を用意したらいいのかな?

用意すべきものは5つ

●ドリッパー(上写真の白いもの。粉をいれる所) 

 陶器製は安定しやすいが熱が移動するので冷めやすいです。

 陶器製でもプラスチック製でもお好みでどうぞ。

●サーバー(上写真のガラス製の容器。コーヒーが液体となって落ちる所。)

●ペーパー(ドリッパーに合わせたサイズを選びましょう。)

●メジャースプーン

●ポット(上の写真の茶色もの。1L程度の注ぎ口が細い方がやりやすいです)

コーヒー豆(粉)の量

コーヒ粉:出来上がり量=1:16でお試しください。

例えば、1人分200㏄取りたい場合、コーヒー粉の量は約12.5g

上の写真のメジャーカップ山盛1杯が12.5g程度です。

ただし、焙煎度によって見た感じが変わります。それは、焙煎度が深くなるにつれ体積が大きくなるからです。

 

 焙煎度と体積の関係が知りたいかたはこちらをどうぞ。

関連記事
美味しさに繋がらないって本当?【大きく膨らむコーヒードームの作り方】

続きを見る

 

まずこれで試してみて、出来上がりが濃いと思えばそのカップにお湯を入れて薄めて飲んでください。(詳細はまとめにあります。)

出来上がりが薄いか濃いかちょうどいい味かその感想を覚えておいて、次のドリップの時にコーヒーの粉を加減してみてください。

ペーパーについて

ペーパーは折って使います。

写真のように、まず底辺を折り(写真上)、縫い目がある側を底辺の折り目とは反対側に向かって折り曲げます(写真左下)。

 

ペーパーは、ドリッパーに合ったものがベストです。

しかし、違うサイズのもの(例カリタのドリッパーが101に対しペーパーは103)でも使えます。

なぜなら、ペーパーの底辺が同じだからです。

ただ淹れているうちに上部が倒れてくるので、注意が必要です。

 

ポットについて

悩んでる人
ポットはヤカンじゃダメかな?

ドリップは片手で水の量を調整して淹れていくので、水の重さを意外と感じることになるので1Lくらいのサイズがオススメです。

ドリップの際は、一定の量を同じリズムで注いだ方がムラがでないため美味しく出来上がります。(詳細はポイント④に続く)

注ぎ口が細いポットの方が、お湯を細く出しやすく淹れやすいです。

サイズも喫茶店で見かけるような大きなサイズよりも1L程度サイズの方が、重くないのでコントロールができます。

2人分くらいなら1Lあれば十分淹れられます。

スケーラーや温度計は不要?

悩んでる人
スケーラーや温度計といった道具は要らないの?

基本的には不要です。

コーヒーを淹れるために「測る」ことが「楽しい!」と思う方は使われるといいと思います。

ちょっと儀式ぽくってカッコイイですよね。

でも、「わざわざ面倒だな」と思われる方は不要です。

こういったものが無くても美味しいコーヒーを淹れられます。

楽しんで淹れることが一番!です。

淹れることが面倒になって、コーヒーを酸化させてしまうのはもったいないことです。

 

 コーヒーの劣化・酸化について知りたいかたはこちらをどうぞ

関連記事
酸味がないコーヒー?酸味が少ないコーヒーとは。

続きを見る

 

ハンドドリップの流れ

ハンドドリップの流れ

1.お湯を沸かす

2.沸かしている間にコーヒー豆(粉)を冷凍庫から出す。

3.お湯をサーバーに移し替える。

4.ペーパーをドリッパーにおいて、お湯を注ぎペーパーを濡らす。

5.コーヒー粉をドリッパーに入れ、ドリップをする。

6.カップに注いで出来上がり。

 

 冷凍庫にコーヒーが保存されている理由が知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
豆でも粉でも劣化を遅らせるコーヒーの保存方法【長持ちさせよう】

続きを見る

 

大体の流れがわかったところで詳しく見てみましょう!

ポイント①コーヒー豆と湯の温度を適切なものにする。

お湯を沸かしている間に、コーヒー豆(粉)を冷凍庫から必要量取り出し常温に戻しましょう。これで、コーヒー豆の温度が適温になります。

お湯が湧いたら、一旦お湯を全量サーバーに移し替えます。

悩んでる人
お湯を全部サーバーにあけるの?なぜ??

温度は高温から低温へと移動します。

沸騰したてのお湯を冷たいサーバーに移し替えることで、1.サーバーが温まり、2.湯温が適温(90℃前後)になります。

これでドリップ時の湯温が適温になります。

 

 湯温でコーヒーの味が変わります。詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
湯温・挽き目を変えると味が変わる【ハンドドリップの魅力】

続きを見る

 

ポイント②ペーパーは濡らす

サーバーからポットに戻したお湯を、ペーパーを置いたドリッパーに注ぎペーパーを濡らします。

コーヒーは未だドリップに入れてません。

悩んでる人
どうしてペーパーを濡らすの?

写真は左が乾いたペーパー、右が濡らしたものです。

右の方がドリップの溝がくっきり浮かび上がったいるのがわかります。

濡らすことで、ペーパーとドリップが密着しドリッパーの溝と山が上手く機能しやすくなります。

また、お湯を入れることでドリッパーが温まりペーパーに吸着したニオイやペーパー臭と味を落としてくれます。

上は抽出後のドリッパーの写真ですが、左が乾いたペーパーで淹れたもの右がペーパーを濡らしてから淹れたものです。

ペーパーの染みが違いますよね。

ペーパーにコーヒーの旨味が奪い取られるようで、私はペーパーを濡らしてからドリップすることをオススメしています。

サーバーに落ちたお湯は必ず捨てて下さい。←忘れがちです。。。

捨てないと、とんでもなく薄く不味いコーヒーが出来上がります。

ポイント③ドリップは最初の注湯に気合を入れる

ドリップでの味の決め手は、最初の注湯「1stドリップ」です。

意識することは、「蒸らし」です。

蒸らしのポイント

●ドリッパーの粉を平らにならす

●お湯はポタポタと落ちる量

●ドリッパーの真ん中にそっと置く

●蒸らしの時間は約30秒程度

悩んでる人
蒸らしが味の決め手なのはどうして?

蒸らしは、コーヒーエキスを十分に引き出すために行います。

悩んでる人
蒸らすことでどうしてコーヒーエキスを引き出せるの?

コーヒーエキスは、コーヒー豆を形成する空洞壁や繊維質に含まれています。

コーヒー豆の組織はハニカム構造になっています。

十分に蒸らすことは、ハニカム構造を作る空洞を大きくすることです。

空洞を大きくすることで、ハニカム構造を形成する空洞壁や繊維質などから旨味や香気成分を押し出してやる。それが蒸らしです。

悩んでる人
なるほど~空洞を膨らませてエキスを押し出すんだね。ドリッパー内のコーヒー粉を平らにするのはどうして?

どこからでも均一に偏ることなくコーヒーエキスが出るように、コーヒー粉を平らにします。

悩んでる人
蒸らしがちゃんとできているってどうしたらわかるの?

蒸らしは、大体30秒程度です。

サーバー内には、ほとんどコーヒーが落ちてないのがその証です。 

ポイント④注湯のタイミング

悩んでる人
2回目以降のお湯を注ぐタイミングがわからないよ

30秒程度じーと見ていると、膨らんだドームがすっと引っ込む瞬間があります。

それが次の注湯のタイミングです。

コーヒーエキスを均一に出すために、2回目以降の注湯はポットから出るお湯の太さが同じになるように意識します。

真ん中から同じ細さになるように、のの字を描くように外側に向かって注湯していきます。

お湯を均一にドリップできると、ドームが崩れたときにこのような星型が表れます。

のの字の一番外側は、ペーパーに当たらないところで回し切ります。

ペーパーに当たると、コーヒーが薄くなります。

3回目以降の注湯のタイミングも同じです。

ドリッパー内のお湯が無くならないうちに、また次の注湯を始めます。

それを繰り返し、サーバー内のコーヒーの分量が目的の分量になったら、ドリッパー内にコーヒーが残っていてもドリッパーを外します。

もったいないと思いがちですが、全て落とし切ってもコーヒーが薄まって美味しくありません。

 

 もっと大きなコーヒードームを作りたいと思われた方はこちらをどうぞ

関連記事
美味しさに繋がらないって本当?【大きく膨らむコーヒードームの作り方】

続きを見る

 

温めよう

ドリップの間に、お湯をコーヒーカップに入れておきましょう。

温かいコーヒーになります。

自己責任の範疇になりますが、私は熱々が好きなので出来上がったコーヒーをサーバーごと火にかけ温めてからカップに入れて飲んでいます。

【まとめ】ハンドドリップとは

蒸らしが重要な理由なのは、コーヒー粉の組織を形成するハニカム構造の空洞を大きく膨らませたいから。

ハニカム構造が大きく膨らむことで、空洞壁や繊維質についている香気成分を押し出されます。

 

 ハニカム構造を知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
湯温・挽き目を変えると味が変わる【ハンドドリップの魅力】

続きを見る

 

このエキスは1stドリップでほとんど出ています。

コーヒー成分の抽出濃度は2回目の注湯で1回目の注湯の半分、10回目で10%まで減っていきます。

ドリップとは、1回目の注湯で出てきたコーヒーエキスを2回目以降の注湯で薄めて行くようなものなのです。

ですから、コーヒーの味は1stドリップで決まります。

最初にご案内した粉と出来上がりの分量比ですが、1:16で淹れて濃いと思われた方はどうぞお湯で薄めてください。

濃さが薄まるだけで美味しさはかわりません。

そして次回は豆の量を少し少なくして淹れてご自身のベストを探求してみてください。

あなたの美味しいは、あなたが一番知っています。誰も教えることはできません。

  • この記事を書いた人

ますみ

自家焙煎珈琲の通販限定ショップを2019年よりオープンしました。 3代目の珈琲屋です。 コーヒーの選び方、淹れ方、科学/効能などなどと自身についてブログに投稿していきます。

-コーヒーの淹れ方, ドリップ