コーヒーにまつわる雑記 ドリップ ドリップのポイント 雑記

【ドリップの1番のコツ】蒸らしって何?コーヒーエキスのあるところ

ハニカム構造
悩んでる人
ハンドドリップでは「蒸らし」が重要っていうけれど、どうして?

このお悩みが解決します。

「蒸らし」の必要性

「蒸らし」が重要なのは、コーヒーエキスを十分に引き出すためです。

悩んでる人
どうゆうこと?

ドリップをする時、コーヒーエキスをたくさん抽出した方が美味しいコーヒーが出来上がります。そのコーヒーエキスはどこにあるのでしょうか?

コーヒーエキスのあるところ

コーヒー豆の組織は、空洞がつながった蜂の巣のようなハニカム構造になっています。

この空洞の中にあるのは二酸化炭素で、この空洞を形成する空洞壁や繊維質にコーヒーの風味に関わる香味成分が含まれています。

「蒸らし」は、コーヒー豆組織の空洞の中にある二酸化炭素を大きく膨らませることで、空洞壁や繊維質に付着している香味成分を外に押し出してやることです。

「蒸らし」が必要な理由

●コーヒー豆の組織はハニカム構造
●コーヒーエキスはハニカム構造を作る空洞壁や繊維質に付着している
●「蒸らし」は空洞の中にある二酸化炭素を大きく膨らませてコーヒーエキスを押し出す行為

蒸らしのコツ

悩んでる人
蒸らしがちゃんとできてるってどうやったらわかるの?

1stドリップの時のサーバーに落ちるコーヒーの量でわかります。

ちゃんと蒸らしができていると、コーヒーはほとんど落ちません。

蒸らしのポイント

●ドリッパーの粉を平らにならす

●ドリッパーの真ん中にお湯をそっと置く

●サーバーにはほとんど落ちない、もしくはポタポタ程度

●蒸らし時間は約30秒

コーヒーエキスをたくさん押し出すために、空洞壁や繊維質を柔らかくほぐれやすい温度にしてドリップすることで大切です。

その温度は90℃前後になります。

 

 90℃にする簡単な方法を知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
沸騰したお湯は一旦サーバーに入れ替える
【ドリップのポイント①】温度計不要ハンドドリップの湯温を適温にする方法

続きを見る

 

 ハンドドリップの基本を知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
コーヒードームの写真
【ハンドドリップの基本】初心者でも大丈夫!自宅で美味しいコーヒーを淹れる方法

続きを見る

まとめ

ドリップで重要と言われる「蒸らし」は、コーヒー豆の組織を形成する空洞壁や繊維質に付着しているコーヒーエキスを十分引き出すために必要なことです。

湯温を90℃前後にすることで、空洞壁や繊維質を柔らかくほぐれやすくなります。

1stドリップは「蒸らし」の30秒を意識し、サーバーにほとんどコーヒーが落ちないように意識してみましょう。

  • この記事を書いた人

ますみ

【三代目珈琲屋】2019年より自家焙煎珈琲の通販専門店を運営▼祖父、父が珈琲屋のため幼稚園児からコーヒーを飲み、高校時代から家業の秤屋を手伝う。▼リンクを設定される場合は、LIBRA COFFEE SHOPのリンクであることを明記して頂ければ許可は不要です。

-コーヒーにまつわる雑記, ドリップ, ドリップのポイント, 雑記