コーヒー豆になるまで

【コーヒーの三大原種】

カネフォラ種の写真

https://www.libracoffeeshop.com

悩んでる人
コーヒーの品種ってどんなのがあるの?

世に流通しているコーヒーの品種には、3種類あります。

コーヒーの種は「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」の3つがあります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

お嬢様な【アラビカ種】

ブルマン、モカ、キリマンジャロにマンデリン。

美味しいなぁって飲むこれらはアラビカ種になります。

暑さに弱く、直射日光が苦手で葉に日が当たると日焼けしてしまいます。

そうすると十分な栄養がコーヒー豆に行き渡らず、コーヒー豆の大きさにバラツキが出てしまいます。

ですから、高地栽培されています。

高地なので収穫も大変、収穫量も少ない、そのうえ、病気に弱い。

そんなお嬢様な種なのです。

お嬢様なアラビカ種を直射日光から守る、まるで騎士のような存在のものがいます。

それはシェードツリーです。

まるで騎士【シェードツリー】とは

シェードツリーは、コーヒーノキよりも背の高い樹木です。

コーヒーノキに直射日光が当たらないよう日陰を作るだけでなく、強風や霜の害からも守ってあげるのが役目です。

騎士シェードツリーに守られたコーヒーノキのコーヒーチェリーは、実が大きく熟成度合いも均一だと言われています。

コーヒーノキそのものも、長持ちで収穫量も安定しているというデータもあります。

コーヒー豆にとって素晴らしいのなら世界中で採用されれば収穫量が増えていい、思わずそう考えてしまいます。

 

しかし、メリットばかりではないのです。

シェードツリーを植えるということは、コーヒーノキの植樹以外の樹木を植える手間がかかります。

そのうえ、必然的に単位面積当たりの収穫量が減ってしまいます。

収穫も機械で行うことができず、手摘みになるのでさらに手間がかかります。

手間や費用だけでなく、農園の地域によっては日照量を調整する必要がない地域や風通しをよくするためにシェードツリーが必要でない地域もあります。

シェードツリーが素晴らしいからといって世界中どこでも採用すればいいわけではないのですね。

アラビカ種は手間がかかりますが、、豊かな風味と酸味がある上にカフェインも次に述べるロブスタ種の半分です。

抜群の人気者の種といえます。

逞しい【ロブスタ種】

写真のロブスタ種(カネフォラ種)は、暑いのも平気で栽培もしやすく、耐病性もあります。

逞しい種です。

その逞しさを表すかのように、苦味が強く深いコクがあります。カフェインの含有量もアラビカ種の倍です。

以前は価格が安いことから、インスタントコーヒーの増量剤に使われてきました。

最近ではアラビカ種より高い価格で取引がされるほどいい豆が流通し、エスプレッソ用に使用されているようです。

私としては、ストレートで飲むというより、その苦味でブレンドにパンチを効かせてくれる名脇役の豆だと思ってます。

誰それ?【リベリカ種】

最後の一つはリベリカ種です。

こちらは世界の流通量のたった1%以下です。

私は出会ったことがありません。。。 

【2019/07/02/初出】

  • この記事を書いた人

ますみ

【三代目珈琲屋】2019年より自家焙煎珈琲の通販専門店を運営▼祖父、父が珈琲屋のため幼稚園児からコーヒーを飲み、高校時代から家業の秤屋を手伝う。▼リンクを設定される場合は、LIBRA COFFEE SHOPのリンクであることを明記して頂ければ許可は不要です。

-コーヒー豆になるまで