コーヒーにまつわる雑記 コーヒーの科学/効能 焙煎 焙煎日記 雑記

【焙煎度の違い】深煎り豆の方が分量が多く見える理由

浅煎りよりも深煎りの方が同じ質量でも体積は大きくなります

https://www.libracoffeeshop.com

悩んでる人
同じグラム数なのに深煎り豆の方が多く見えるんだけど…

焙煎度と体積の関係

焙煎度が違うと同じ質量でも見た目はこれだけ違う

同じグラム数(質量)であっても、深煎りの方が見た目(体積)は大きくなります。

写真は当店の商品画像になり恐縮ですが、同じ質量のすっきりブレンド(左)とこっくりブレンド(右)です。

すっきりブレンドは浅煎り、こっくりブレンドは深煎りのブレンドです。

上が豆、下が粉にしたものですが、同じ質量であっても深煎りの方が体積が大きく、多い分量に見えます。

写真で見比べてみるとよくわかりますね。

深煎りになるにつれて体積が大きくなる理由

悩んでる人
深煎りの方が体積が大きくなるのは何故かしら?

それは焙煎時間が違うからです。

深煎りになるほど焙煎時間が数分単位ですが長くなります。

悩んでる人
焙煎時間が長くなるとどうゆう変化がおこるの?

パッフィングという現象が起こり、焙煎時間の長さによってコーヒー豆の状態が変わってきます。

①パッフィングとは

コーヒー豆を焙煎していると、「パチパチ」「ピチピチ」というハゼ音が聞こえてきます。

このハゼは、豆の種類によって違いがあります。

 

 ハゼの音の違いに興味を持たれた方はこちらをどうぞ

関連記事
焙煎中
焙煎日記2020.07.21

続きを見る

 

 「ハゼ」について知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
焙煎8段階
【色味、香味、時間だけじゃない】焙煎度の違いはハゼにあります

続きを見る

 

なぜハゼが起こるのでしょうか。

それは、コーヒー豆が焙煎中に膨張してはじけるからです。これをパッフィング(膨化)といいます。

パッフィングは、コーヒー豆を加熱していくことで、コーヒー組織のハニカム構造を作っている細胞が収縮し内部成分が気化することでおこります。

 

 コーヒー豆の構造について知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
ハニカム構造
【ドリップの1番のコツ】蒸らしって何?コーヒーエキスのあるところ

続きを見る

 

コーヒー豆に含まれている水分が蒸発し、この時の水蒸気の膨張力によってコーヒー豆の組織が膨らみます。

コーヒー豆を焙煎すると、質量は焙煎前の生豆なままめの状態の75%減、体積は1.5倍になります。

 

②二酸化炭素の増加

コーヒー豆の水分が除去(蒸発)した段階で、コーヒー豆内部で発熱反応が発生しています。

この発熱反応こそが、コーヒーの芳香成分が作られる大切な段階です。

お店によって同じコーヒー豆でも香りが違うのは、ここの差です。

パッフィングにより多孔質になったコーヒー豆は、この発熱反応で生まれた芳香成分や二酸化炭素を吸収します。

焙煎時間が数分でも長いと、たくさんの二酸化炭素を吸収します。

深煎豆が浅煎豆より体積が大きいのはそのためです。

 

吸収された二酸化炭素はドリップの時のコーヒードームと大きな関係があります。ご興味持たれた方は方はこちらをどうぞ。

関連記事
コーヒードームの写真
美味しいコーヒーが出来上がるの?【大きく膨らむコーヒードームの作り方】

続きを見る

 

まとめ

コーヒーは、焙煎が深くなるにつれて見た目(体積)が大きくなります。

それは、焙煎によるパッフィングによりコーヒー豆が膨張することとコーヒー豆が吸収する二酸化炭素の増加によるものです。

加熱によってコーヒー豆の水分が除去されるとコーヒー豆の内部で発熱反応が起こります。

発熱反応によって、あのコーヒーの芳香成分が作られています。

パッフィングにより多孔質になったコーヒー豆は二酸化炭素といっしょにこの芳香成分も吸収しています。

同じコーヒー豆、同じ焙煎度であれば、体積が大きいものの方が香りのいいコーヒーです。

2022.06.08更新

  • この記事を書いた人

ますみ

【三代目珈琲屋】2019年より自家焙煎珈琲の通販専門店を運営▼祖父、父が珈琲屋のため幼稚園児からコーヒーを飲み、高校時代から家業の秤屋を手伝う。▼リンクを設定される場合は、LIBRA COFFEE SHOPのリンクであることを明記して頂ければ許可は不要です。

-コーヒーにまつわる雑記, コーヒーの科学/効能, 焙煎, 焙煎日記, 雑記