アイスコーヒーの淹れ方 ドリップ

水筒のコーヒーをおいしく、かんたんに【3つのアイスコーヒーの作り方】

水筒
悩んでる人
美味しいコーヒーを水筒に入れて会社に持って行きたいんだけど、どうすればいい?

持ち歩くコーヒーは、酸化対策が肝要です。

そのためのポイントは、3つです。

水筒のコーヒーのポイント

●アイスコーヒー
●深煎り豆
●細かく挽く

酸化は水と温度で進んでいくので、アイスコーヒーにします。

酸味より苦味を引き立たせるために、深煎り豆を細かく挽きます。

 

 水筒のコーヒーがおいしくない理由を知りたい方はこちらをご覧ください。

関連記事
マイボトル
水筒のコーヒーがマズい!【持ち歩きコーヒーを美味しくするコツ】

続きを見る

 

このページでは、ブラックで飲む水筒に入れやすい300~400㎖のアイスコーヒーの作り方を3つご案内します。

300~400㎖という量は、コンビニで販売しているアイスコーヒー(約180㎖)の2杯分の量になります。

水筒に入れなくとも、ちょっとした作り置きコーヒーとしてもいい量です。

【1番かんたん!】水出しアイスコーヒー

出来上がり量は、300㎖です。

水出しコーヒーは、コーヒーエキスを水でゆっくり抽出するためまろやかな味に仕上がります。

一晩寝かせるだけなので、かんたんです。

【用意するもの】

●深煎りのコーヒー豆40g

●水 400㎖

●お茶パック

1.水400㎖と40g豆を用意し細かく挽く

2.お茶パックに入れて封をしっかり閉じ浸水し、冷蔵庫で一晩以上寝かせる。

3.(できれば)フィルターで濾す。

お茶パックを取り出して出来上がりでもいいのですが、どうしても粉が残ります。

面倒ですがフィルターで濾すと、口当りのいいアイスコーヒーになるのでオススメです!

4.アイスコーヒー300mlの出来上がり

【もっとコクが欲しい】ダッチコーヒー

こちらも出来上がり量は300㎖です。

前出の水出しコーヒーよりもコクと苦味が出る方法です。

【用意するもの】

●深煎りのコーヒー豆40g

●水 400㎖

1.水400mlと40g豆を用意し細かく挽く

2.細かく挽いた粉をそのまま水の中にいれてよくかき混ぜる

3. 冷蔵庫で一晩以上寝かせ、フィルターで濾す

4.アイスコーヒー300mlの出来上がり

【香りと量が楽しめる】ドリップでアイスコーヒー

こちらは、出来上がり量は400㎖!

3つの中で一番香り高く、たくさんの量ができる方法です。

【用意するもの】

●深煎りのコーヒー豆40g

●沸騰したてのお湯

1.お湯を沸かし、コーヒー豆40gを細かく挽く

2.ホットを淹れるように、真ん中にお湯をソッと置く

3回程に分けて、400㎖になるまで、のの字に注湯を繰り返す。

3.400㎖になるや否や、氷や保冷剤などで冷やした水桶に入れ急速冷却する

4.アイスコーヒー400㎖の出来上がり。

もっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ

関連記事
アイスコーヒー
【出来上がり1L】香り立つアイスコーヒーの作り方

続きを見る

まとめ

持ち運びのコーヒーはアイスコーヒーがオススメです。

アイスコーヒーの作り方を3つご案内いたしました。

暑い時期にお湯を沸かすのは苦痛ですよね。

コールドブリューとダッチコーヒーは、お湯を沸かす必要がありません!しかも、まろみのある味わいが楽しめます。

ホットを淹れる感覚で淹れると、香り高いアイスコーヒーになります。

熱湯で濃縮したコーヒーエキスが抽出されるので、たくさんの量が楽しめます。

同じコーヒー豆でも抽出方法が違うと味わい、風味、香味が変わってきます。

ご自身のベストなものを是非見つけてくださいね。

 

味が変わる?抽出条件が変わると味がどう変わるのか、ご案内しています。

関連記事
ドリップの湯温、 スピード、抽出時間、焙煎度合い、挽き目でコーヒーの味が変わります。
味変?ドリップでコーヒーの味を調整する方法

続きを見る

  • この記事を書いた人

ますみ

【三代目珈琲屋】2019年より自家焙煎珈琲の通販専門店を運営▼祖父、父が珈琲屋のため幼稚園児からコーヒーを飲み、高校時代から家業の秤屋を手伝う。▼リンクを設定される場合は、LIBRA COFFEE SHOPのリンクであることを明記して頂ければ許可は不要です。

-アイスコーヒーの淹れ方, ドリップ