コーヒーにまつわる雑記 選び方 雑記

【酸味の思い違い】ミルク入れてませんか?実は酸味のコーヒーがお好みかも。

コーヒーはフルーツ

フルーツはお好きでしょうか?

口に含んだ時の甘味、また食べたくなるフルーツは甘いだけでなく爽やかな酸味もあります。

その爽やかな酸味は、おいしいコーヒーに多かれ少なかれ必ずあります。

コーヒーは、コーヒーチェリーという果実の種。その種を焙煎することで、種がもつ苦味成分に化学変化が起きあの苦味が出てきます。

 

 焙煎による化学変化を知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事
焙煎でコーヒーの味が決まる?焙煎で一対何が起こっているのか。

続きを見る

 

コーヒーの銘柄や種類によって持っている苦み成分は違います。

それらが絡みあって焙煎することで化学変化が起こり、複雑で種々様々な苦味が生まれています。

コーヒーは、コーヒーチェリーの種が持つ酸味と焙煎によって引き出された本来の苦味成分の化学変化よって味に違いが出ます。

酸味のあるコーヒーが苦手

多くの方が「酸味のあるコーヒーは苦手」とおっしゃっている「酸味」。

それがもしツーンと刺してくる酸味を指しているのであれば、その酸味はコーヒー豆の持つ本来の酸味ではありません。

それは劣化した酸味によるものです。

よく見かける加熱式サーバーに置かれたコーヒーや魔法瓶に入れて数時間後に飲むコーヒー。(当店も先日のマルシェで試飲サービスをやりましたが…)

あれはコーヒーの酸味でなく、コーヒーの「傷み」です。

 

 コーヒーの酸味について知りたい方はこちらをどうぞ

関連記事
酸味がないコーヒー?酸味が少ないコーヒーとは。

続きを見る

 

美味しい酸味は、フルーツやトマトにあるような爽やかな酸味。

焙煎日から3日後くらいの例えばキリマンジャロやモカなどの挽き立てコーヒーを飲まれるとこういった爽やかな酸味を楽しめます。

酸味があるコーヒーは香りにも特徴があります。

しかし、このような酸味が苦手な方は、酸味が弱いコーヒー/苦味のあるコーヒーがオススメです。

マンデリンやベトナム産のコーヒー、深煎り豆が苦味のあるコーヒーです。

苦味を抑えるためにミルクを入れているのならば…

「酸味が苦手だから苦味のあるコーヒーが好き。」

「コーヒーは苦いから苦手」

そう思われている方もいらっしゃるかもしれません。

苦味と乳製品の相混ざった感じがお好きでミルクを入れているのではなく、

飲みにくいから牛乳とやポーションタイプのミルクを入れている方は「酸味」を「傷み」だと思い違いをされている可能性があります。

なぜなら、深煎り豆にミルクを入れると酸味が際立つからです。

その「酸味」、思い違いしていませんか?

コーヒーの味の基準は「酸味」と「苦味」です。

しかし、今まで飲んできた経験による「酸味」がコーヒーの劣化による「傷み」であったのなら、自分の好きな味が変わってきます。

酸味が苦手だから苦味のあるコーヒーを選んでミルクを入れて飲まれている方は、実は酸味のあるコーヒーがお好みの可能性があります。

一度、上質な酸味のあるコーヒーを試してみると、自分のお好みに出会えるかもしれません。

 

  • この記事を書いた人

ますみ

自家焙煎珈琲の通販限定ショップを2019年よりオープンしました。 3代目の珈琲屋です。 コーヒーの選び方、淹れ方、科学/効能などなどと自身についてブログに投稿していきます。

-コーヒーにまつわる雑記, 選び方, 雑記